2015年10月16日

自然と共に vol.6

 

挑戦

成長はトライ&エラーの繰り返しといわれています。

自分の安心領域を出て、やったことのないことや、ドキドキすること、リスクのあることに挑むことです。すなわち、いつもと同じ慣れたことしかしなければ、成長していかないということになります。

ですが人はなかなか安心領域から足を踏み出せないですよね、どちらかというと人に促されてや、周りの状況から仕方なくということが多いと思います。もちろんそれでも成長はするとは思うのですが、それではやはり自分の目いっぱいまで挑戦するには至らないと思います。

それが、自分でやるぞ!!と思ったことは自分の能力を最大限発揮して挑戦しますよね。例え失敗しても、経験することの意義は深く大きなものになり、学びも同様だと思います。

もちろん、自分がやるぞ!!と思うことだけで人生を送ることはできませんが、やらなければならないことの他に、自分でやるぞ!!挑戦するぞ!!という事や気持ちを持つことで、人の成長には大きな差が出ると思います。

また、昨冬読んだ「世界で一番クリエイティブな国デンマークに学ぶ発想力の鍛え方」という本に、☆クリエイティビティーの決定的要因の中に。「◎クリエイティビティーは既存の枠のぎりぎりのところで達成される。」「◎クリエイティビティーを実践する勇気が必要である。リスクを負うこと、失敗を恐れないこと、自分の過ちを認めること、障害に負けず進み続けることが大切。」とあり、そして冒頭には「◎持続可能な未来を切り開きたければ、クリエイティビティー(創造性)やイノベーション(革新)を生み出す能力を保持し、それを高めていかなければならない。」とありました。

つまり、社会も会社も持続するためには、クリエイティビティーを発揮する必要があり、それを達成するためには、ギリギリの挑戦を続けることが決定的な要因だということです。

ということは、その挑戦は誰かや周囲から強制されて挑むものではなく、自分からやるぞ!!というものでなくてはクリエイティブなものにならないということです。

私の今の挑戦は、周りの人が「自分でやるぞ!!」という気持ちになる持続的な環境をつくることです。この挑戦はなかなか困難ですが、失敗を恐れず進み続けたいと思います。

20120903_122312